将来の方向性をつける

きりたんぽ店での転職における決め手を明確にし、将来の方向性をつけていく

街を歩くと、きりたんぽ店では特に求人募集の広告を目にする事が多くあります。人が中々見つからない売り手市場になっている場合もありますが、人の出入りが激しい店舗の場合もあります。きりたんぽ店における転職で、決め手になるものは、その人それぞれに価値観の相違もありますので、違いがあります。何故転職に至ったかを振り返る事でも、決め手になるものが見えてきます。できるだけ安定して就業するためにも、自分が退職する状況などは確認しておく事が望まれます。自分の価値観によっては、好きと嫌いが明確に出る現場などもありますので、まずは過去を辿ってみるのも一つの方法です。

きりたんぽ店での転職では、同じ業界内で職場を替える場合があります。自分のスキルについては、同じままで職場が変わる状況になります。この場合には、やはり職場を去る理由、過去に複数回退職した理由なども明確にしておく事が大切です。給与面については、数字で表されているため、割と比較的に改善などもし易い状況です。職場環境が嫌だった場合には、人間関係なのか、職場のシステムが嫌だったのかによって、場所を替えれば済む場合もあります。唯、職場の環境については、きりたんぽ店という特性などが出る場合もあります。どこに行っても変わらない状況が多いのであれば、転職の決め手には不足感もあります。

転職の決め手が、人間関係であるならば、非が誰に、どこにあるのかは明確にしておかないと、また繰り返す可能性があります。自分が嫌だと感じた状況の中で、自分に非があって叱責されたなどの場合には、自分自身の改善も必要になります。一方で、最近ではパワハラやブラックバイトなどもあります。誰にとっても劣悪な環境の場合には、職場を替える、あるいは誰かに相談して環境改善を行う方法もあります。いずれの場面においても、改善できる余地があるかないかによって、職場を替える必要性の有無が出てきます。職場を替えるという事を思い留まるケースにも繋がります。

業界以外の職場から、きりたんぽ店に転職する場合についても、その決め手になるものを明確にしておくと、今後の方向性を決めていくにも役立ちます。きりたんぽ店の場合には、自分が調理をして料理を堪能してもらったり、あるいは関連スタッフとして、サービスを提供する事もできます。料理人を目指すのであれば、ひたすら広く経験を積んで、料理の腕を磨いていく事が求められます。関連スタッフとして勤務する場合には、接客マナーをはじめ、接客の極意、経営面についても学ぶ必要があります。きりたんぽ業界への転職の決め手は、将来の自分磨きにも繋がる可能性があります。”

Copyright© 2015 料理長になれる All Rights Reserved.