料理長になれる

“きりたんぽ店では常に様々な求人が出されるようになっており、キッチンやホールなどさまざまな場所で働くことができるようになっています。

そうした求人の中でも、特にキッチンのトップとして働くこととなるのが料理長です。
ではきりたんぽ店の中で料理長になれる求人としてはどういったものがあるのでしょうか。

この場合、最も多いのが「候補」として勤務をするという求人です。
このタイプの求人では最初は一般のキッチンスタッフとして働くことになりますが、そこで経験を積んでいけばいずれはトップとして働くことができるようになります。
もちろんどのような人であってもすぐになれるわけではありませんが、きりたんぽ店で経験があり、キッチンの中でしっかりと働くことができるのであればいずれは料理長としての役割を任せてもらうことができるようになります。
また、求人によってはこうした経験を積むことを前提とはしていないようなものもあります。
その場合、特に新規開店する店舗の管理者として雇われることとなりますが、そういった求人であれば早い段階で、場合によっては働き始めたその日から料理長として働くこともできるようになります。
ただこの場合、そこに求められる経験は並大抵のことではありません。

これまで多少キッチンスタッフとして働いたことがあるという程度でなれるようなものではありませんし、単にやる気があるからというような理由だけでなれるようなものでもありません。
またこれまで料理を学んだことが無いというような場合も難しくなってしまいます。
料理学校を卒業した人のなかにはすぐにでもキッチンの責任者になりたいと考える人もいますが、現実としてこうした立場の人には他のスタッフを遥かに超える技術と責任感が求められます。
そうした場所に未経験の人を雇いたいと考える職場はほとんどありませんから、まずはやはり経験を積むことが求められるでしょう。

まとめると、きりたんぽ店の求人を介して料理長になるには、まず一般的なキッチンスタッフとして経験を積んでから任命される方法と、最初からキッチンスタッフのまとめ役となる人を求めている求人を見つけることのどちらかということになります。
どちらの方法を選ぶにしろ、最終的にその立場として認められるか、また成功するかはその人の努力によります。
認められたのであれば名実ともに一人前以上の人材ということになるのですから、常に努力を欠かさないようにしましょう。”

Copyright© 2015 料理長になれる All Rights Reserved.